波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
排雪のダンプを縫ってレッスンへ!!

昨日も豪雪でJRが14時間遅れだったとか。。。
この局地的な大雪はどうしてしまったのでしょうね~?
お見舞い申し上げます。

グループレッスン。今日はさんがお休みです。

ベートーベン トリオ

今日はがvc.2のピンチヒッターに。

自主練のテンポで弾いたら「もう少し速く」という指示です。
たしかに弓が足りなくなりますね(汗)

17小節まで*vc.2とvc.3はお互いによく聴いてタイミングを合わせましょう。

27小節目の入りを何度か練習しました。

vc.1とvc.3は16分音符や32分音符(!)の部分が多いですよね~
vc.2は54~56小節が難しいですね(汗)

vc.2を弾いていると、メロディーとベースの両方を味わえて幸せでした♪

次回のレッスンでも。


POPPER NO.8(重音祭り)

ダブルバー以降を一人ずつ弾きました。
残念ながら今回もパスできず、次回へ持ち越しました…


POPPERレクイエムの譜面を先生へお渡ししました。
「練習していてください」とのことです。

パート割りについて
vc.1
vc.2
vc.3
pf.(レッスン中はvc.3)
とおっしゃっていたような…
ちょっと記憶が曖昧なんですが、みなさん、どうでしたっけ?

さての個人レッスンでは。。

DUPORT NO.2 最後まで

音程が難しいですが、メジャーコード(長三和音)、マイナーコード(短三和音)、ディミニッシュ(減三和音)、オーギュメント(増三和音)を聞き分けられると理解しやすいです。
とピアノを弾きながらご説明いただきました。

次回の課題はテンポ66で。(汗)


BACH:Cello Suites NO.1 Allemande

1小節目*重音を2音ずつしっかり弾く。最後にシの音を残す。リズムを正確に。
1~3小節*アクセントを付けずにレガートで。
4小節目*軽く弾く。
13小節目~*クレッシェンド。14小節目頭、フォルテ。
17小節目頭*重音をしっかり弾く。
19小節目から*音色を変える。
22小節目頭*ピアノ。
32小節目*軽く弾く。

ベーレンライター版はポジション移動がありますが、
バロックはだいたい1ポジションで弾いてよいのでは、というお話でした。
たとえば9小節目2拍目、32小節目の2.3拍目。


次回の課題を予習しました。(なぜか2曲

BACH:Cello Suites NO.1 Courante


速くて元気のよい曲です。全体をなるべく弓元で弾きます。
指番号とレガートの指示をいただきました。

BACH:Cello Suites NO.1 Sarabande
重音はしっかりと重く弾きます。


レッスン帰りに、左肩に剥がれが生じたミムラさんをシャ○ンヌさんへお連れしました。
幸い「きれいに剥がれていますね~」とのことで、
明日お迎えにいきます♪

左手が当たるところなので、体温や湿度などで剥がれが出やすいところなのだそうです。
2012.02.09 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。