波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こ・・・これを私たちがっ??!!

スポンサーサイト
2011.07.20 / Top↑
Por una cabeza←スコアにリンクしてます~
1935 Music: Carlos Gardel Lyric: Alfredo Le Pera
歌のところを1オクターブ下げてチェロで弾くとステキです
ママもみなさまもどうぞ!!



この曲を使った映画「 Scent of a Woman」(私は見ていませんが
アル・パチーノが盲目の退役軍人役を演じたのだそうです。
なんだか大人ですてきです
2011.07.18 / Top↑
続きの悲しい連休です~
皆さん、いかがお過ごしですか?
私は今朝早く、芸森の「メアリー・ブレア展」へ行ってまいりました
う~んラブリー
グッズには大いに期待していったのですが、どれも私にはお高くて
さらに「絶対欲しい!」と思った「紫の聖母子の絵」グッズが無くてガッカリ
画集でガマン、ガマン。

ところで・・・

道新の本紹介で、藤原真理さんがおススメされていました!
↓  ↓  ↓ 
「無伴奏チェロ組曲」を求めて
    ─ バッハ、カザルス、そして現代 

             エリック シブリン (著), 武藤 剛史 (翻訳)


早速明日、○ーチャン4に行って実物を見てみよう!
2011.07.17 / Top↑
というタイトルではありますが、主に今日受けた+α個人レッスンについて

まず始めに声を大にして申します
発表会前、早いうちに一度は個人レッスンを受けることをお勧めします!!
夜でしたら、先生のお時間が空いていることも多いようです。
「いつでもどうぞ~」とおっしゃっていましたが、
私は早速リピーターになりそうです

グループレッスンで得られるものは一般的なレッスンではまず望むべくも無いもので、
「ご縁」を痛感するのですが、
自分と向き合うためにはやはり「個人レッスン」は必要・欠くべからざるものと実感しました。
ホント。おすすめです!だって先生は私しか見ていないんですよ~

ということで+αレッスンは・・・

拡張のせいか?左手人差し指と中指の間に違和感がある今日この頃
ウェルナーp.81のtempo ad libitumはスルー
p.82を。
「スピカートではありますが、音を良く響かせるために右手人差し指に一瞬力を入れて解放する弾き方で、たっぷりと音を出しましょう。さんにはp.83のNo.21も良い練習になります。p.82同様、音程をしっかりと音を響かせて。」


その後はバッハ。以下のパートで合奏。至福のひととき。
Vc2
Vc1
基本的な指使いと重い弓使いをチェックしていただきました。

そして噂の「Jazz風モーツアルト」トルコ行進曲!
Vc.2のは休小節が多いのでスコア譜を所望しました。
皆様にもお配りしたいと思います。
このパート譜を見て思ったのは
「どこがJazzなのかさっぱり分からん~!!」です。
Vc.4~6の方頼りなのかな??
皆さんと合わせる時が「超」楽しみです

20日の会場については追ってご連絡いたしますね




さみしいことに「一期一会」を痛感する今日この頃。
先生との一瞬一瞬を大切にしたいです
2011.07.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。