波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
まま。お知らせありがとうございます~

室内楽サロン チェロがいざなう「ドイツ音楽紀行」

5月16日(月)10:30-12:00

朝日カルチャーセンター

札幌市中央区北2条西1丁目ホテルニューオータニ札幌4階

一般 2,520円

チェリスト フリーデリケ キーンレ
ピアニスト 後山 美菜子

ドイツ出身のチェリストをゲストに迎え、
間近で演奏をお楽しみいただく1日講座です。

バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」
シューマン「アダージョとアレグロ」
ブラームス「チェロソナタ第1番」ほかをお聴きいただきます。

申し込みはこちらから
スポンサーサイト
2011.02.26 / Top↑


ママ!
ご紹介ありがとうございます~~
かっこいい演技も入っていたりして!

2人が使っているのは噂のカーボンファイバー製のチェロですね。
弓はカーボン製ではないように見えますが…

カーボンファイバー製のチェロの作り方~↓


マイケルを弾いている2人組のうち、激しいお方には
↓のようなお茶目な面も
2011.02.25 / Top↑


サクサクと楽しく(?)読ませていただきました~
いままでこの作品についてのキャッチコピーを見て
「怖いもの見たさ」的ダークな妄想があまりにも頭の中に膨れ上がっていました。
実際読んでみると、犯罪をめぐる当事者たちが
自己の正当化という脳内バイアスを通して「告白」するときは
こんなんだろうな~と妙に納得してしまいました(汗)

作者が、少年犯罪について想うところを
芥川龍之介の「薮の中」の手法で描いたのですね。
その着眼点にです。
「薮の中」を「羅生門」で映画化した黒澤明は、
複数の人間を通して「目撃」された殺人事件を
それぞれの目撃証言として
(なんと霊媒師を通して「殺された」男の証言まで!!)
忠実に繰り返し映し出していますが、
この「告白」の映画化ではどのようにしているのか。
気になります。

映画は、今年の「日本アカデミー賞」で優秀作品賞を受賞したとか。
他多数を受賞した「悪人」といい、殺人をめぐる著作が注目されているのかな?


殺人をめぐる小説として私の中の一等賞は、
ベタですが…↓です




2011.02.25 / Top↑
うららかな春の日差し
今日はほんとに良いお天気です~

 ウェルナー練習曲

p.64 ハーフポジションをおさらい

p.66 Allegro moderato→終了!

p.69 上位の第1ポジション→終了!

p.71 第一、第二、第三、第四とハーフポジションの練習→時間切れで宿題分はおさらい無し

宿題は~!
p.70 NO.16

p.70 Fis moll.

その下のポジション表

p.71 第一、第二、第三、第四とハーフポジションの練習ダブルバー以降最後まで~!!

そして、おまちかねアンサンブル
以前、LESSON 31の記事でご紹介した曲

GOLTERMANN, Georg: 2 Morceaux de Salon op.53よりReligioso

cello 1~
cello 2~
cello 3~
cello 4~

久々のアンサンブルの響きに私の脳内がすっかり春!

みなさん、弾き終わったあとすぐに普通に会話なさっていて
大人なんですね~
私はアンサンブルの響き(主に先生のメロディ?)に酔いしれて、
ろくに口もきけない状態だったのですが

cello 1パートには5ポジがあるそうで、
C,D,F,G以外の1パートをさらっていくのが宿題です~~

そして…こちらをご覧くださいね~
2011.02.21 / Top↑
アンサンブル曲集 N0.11
Mein kleiner grüner Kaktusはこんな楽しい曲!!

2011.02.17 / Top↑
この曲はいかがですか~?↓
" Herzlich tut mich verlangen " BWV727 Johann Sebastian BACH

楽譜はこちら



フルニエはト短調に移調しているそうな…

2011.02.16 / Top↑
そういえば昨日のレッスン。
ピウレントのところで先生がビブラートのことにちょっと触れられていましたね。

ブログ上のウェルナーお仲間さん諸氏もビブラートが気になるお年頃(?)のようです。

とりあえず音階練習全弓の時にやってみようかな~とトライしてみると…
ビブラートの質うんぬんの前に「エンドピンストッパーがずれまくる!!」

もしかしたらエンドピンストッパーがずれるということ自体、
ビブラートの掛け方に間違いがあるのかもしれませんが
手近にあった木っ端に穴をあけてひもを結わえ、即席エンドピンストッパーを作りました!

これが快適~~!!
あたりまえだけど絶対ずれない

結構固い木なので音色や響きも若干変わりました。
2011.02.08 / Top↑
ママ~~!

基本的な使い方は↓
ダンピッドの使い方

ダンピッドについてのいろいろな疑問については↓
弦楽器ストラッドさんのQ&Aより
画面スクロールして、けっこう下の方にあります。

付属のリトマス紙みたいな湿度計の精度は???だそうです。
2011.02.08 / Top↑
                        
SAPPORO SNOW FESTIVAL←雪まつりブログです!
今日からさっぽろ雪まつりが始まりました!!

今年は、例年の大通り会場・つどーむ会場・すすきの会場にプラス♪
円山会場がっ!!
なにやら正式には雪まつり会場ではないようなのですが(?)
おこちゃま達には楽しそうですよね~

ちなみに、つどーむ会場では札幌の高校美術部による
「スノーオブジェコンテスト」が今年もあります。(投票よろしく!!)
つどーむ会場では大きなドームの中で
温かな食べ物・飲み物をいただきながらマッタリできて良いですね♪


ところでLESSON!!

LESSON 31(1/31)ではは途中で早退してしまったので
LESSON 32(2/7)メインで。

 15 Cello Etudes, Op.76a (Popper, David)

No.5 Allegro vivace →宿題~NO.1 Moderato
この曲は弓を長く使わず、歯切れよくひきましょう!


 ウェルナー練習曲

p.63 Tempo ad libitum→もう一回?
音程に注意して、ゆっくり練習しましょう!

p.66 Allegro moderato→終了!
ポジション移動のときの音程に注意!音程がずれやすい2音の移動を重点的に練習する。

さらに宿題!
p.64 ハーフポジション2列目まで
p.65 N0.15 Allegro moderato~Eまで(Eの前までだったかも??)
p.69 上位の第一ポジション 4列目まで
p.71 Allegro moderato 10列目ダブルバーまで

先生が宿題を出されているのを「ふむふむ」と聞いていましたが、
このように列挙してみるといつもながらすごい分量!!

え~っと、どこから始めましょうか?
とりあえず楽しそうなポッパーさんかな?
ウェルナーさんは苦行になりそう
2011.02.07 / Top↑
久々にむっちゃんな日々。いってみましょう!

玄関にて。
来館した小3男子に「こんにちわ~」と声をかけたら、
その子がつかつかと私に近づいてきて
「先生。夫と自由、どっち取る?」

「え…え~と。それは答えられないな~~」と情けなく返事をしたら、
「うちのお母さんは自由をとるんだって。だからうちは単身赴任。」

「は、は~。なるほどね。」とおたおたしているうちに、
その子はさっさと体育室に遊びにいきました。

たとえ冗談でも、(本気ならなおのこと。笑)
こどもにはよそで言われたら困ることはしゃべっちゃいけませんよ~~

2011.02.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。