波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日のレッスンで先生に調弦していただくと・・
ん~。A弦の音がキンキンしていますね
 それからこのチェロはD弦が弱いですね

というお見立て。

さっそくNM工房さんへ

お父さん職人さんに見ていただいたところ、

指板の反りが大きすぎて弦高が高いですね。
 ネックの糸巻き側を少し削って弦を低くしてみましょう。

 それから駒がずいぶんごついですね~
 買ってきてそのままつけたような。
 これも少し削ると繊細な表現()がしやすくなりますよ。


指板にステンレスの長定規を当てて、そのすき間を見ると
指板の反り(削って作られているものだそうです)の具合がよく分かります。

私のチェロの弦高が高いことは、
他の方の楽器を弾かせていただいたときなどに気づいてはいましたが
「駒を削って低くしてもらえばいいや」
くらいにしか考えていませんでした。
指板を削るとは!

魂柱の位置を調節してD弦の発音を良くすることはできないでしょうか?
と他力本願な発言をしたところ、

それは弦高を下げてしっかり弦を押さえられるようになってから、みてみましょうね。
 今はまだその段階ではないでしょう

とのごもっともなお返事

お父さん職人さん。
ヴィオラ奏者でいらっしゃるんですってね。

帰り際に
「アンサンブルで一緒に弾きましょうよ。楽しいですよ」
とお声をかけていただき、感激!!

楽しいこととは思いますが
冷や汗で風邪をひきっぱなしになりそうです~


スポンサーサイト
2010.11.30 / Top↑
10月の異常な初雪以来の本格的な積雪です
今週末、雨が降って道路はとけるのでしょうが
お山は根雪になるのかな~~?

レッスン当日はけっこう早起きもできて余裕だったはずが、
夫に西本智実さんの素晴らしさを伝授せん!と
YOU TUBEをあれこれ探して「あ~でもないこ~でもない」といっているうちに
遅刻してしまいました
ママ、ママ、申し訳ありませんでした!

そしてレッスン

 ウェルナー練習曲

では7ポジションをやってみましょ~!
「へっ???」

発表会が終わって満ち足りたような、後悔満載のような
気の抜けた私に喝っ!!
p.78 VII.POSITION.でございます!

さすが先生。発表会前のテンポにすぐ戻られましたね~

第7ポジションは1の指がフラジオの位置。
親指はネック付け根の横か、指板上に出してしまっても良いそうな。
ママはネック横でいけそうですか?
は出たとこ勝負で指板上に出します

【練習】
*C弦からC dur音階でA弦7ポジ3指のCまで。
*あるいは各弦での音階~7ポジ1オクターブ+2音
*p.78 3列目まで




p.59 Andante

この長い長い曲を「通し」で弾くのですね~~
家ではやりません!
途中から投げやりになってしまうんですもの

*ボウイング
*複雑なポジション移動
*果てしなく続く16分音符
*極めつけ。最後の重音
・・・と課題満載です。

これらを続けて弾いて練習になるのだろうか?
いいや、ならないに違いない!!
というわけで、まだまだ途中下車しながら練習します~

ところで途中の連続16分音符のところ。
教本通りのボウイングで練習なさっていましたか?
私は「まずは音程」と思って4音ずつ弓を返していたのですが、
楽譜通りに練習なさっていたらかえってやりづらいかもしれませんね。

 アンサンブル曲

ノエル

ママ~1パート
Bの2小節目とDの2小節目の指は【(1ポジ)2→4 (4ポジ) 1】に変更です。

ママ~そのまま3パートでしたか?

あと、もう一曲。帰りのお茶会で追加。
"Violoncelloduos"よりCanon inversus : W.A.MOZARTをやってみましょ~
楽譜を見て気づきましたが、この曲 B dur ってことになるのでしょうか。
♭が二つ。シとミについてます。
どうなるでしょうね~


2010.11.30 / Top↑
ワーグナー
楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』より第1幕への前奏曲


最初の一振りでやられてしまいました・・・
西本智実さま
↑↑オフィシャルブログをリンクしました!
札幌のことにもちょっと触れていらっしゃいます。
美しすぎます・・・

先ほどプロフィールを検索したところ、幼い頃からクラシックバレエをなさっていたとか。道理で体の使い方が素晴らしい!!

当たり前のことですが、CDでは指揮者の動きは味わえませんものね。
魂を奪われてしまいました

ドヴォルザーク
チェロ協奏曲 ロ短調 作品104, B.191


そして大御所、ミッシャ・マイスキーさま
かなり小柄な方ですね。
しかし魂を込めた演奏に、
ドヴォコン直後は立ち上がれないほどの感動を覚えていました

アンコールを演奏してくださったおかげで、
休憩時間に立ち上がることが出来ました~

ところでアンコール曲を携帯で撮影したつもりが
保存し損ねていました
どなたか、ミッシャ・マイスキーのアンコール曲はお分かりでしょうか?
「スラブ」っぽい感じを受けましたが

チェロにつけているよだれかけ(?)みたいな黒い布。
汗拭きにも使うんですね~
初めて知りました
ゴシゴシと汗を拭きながら演奏なさるマイスキー氏に
職人的な一途さを感じました

ショスタコーヴィチ
交響曲 第5番 ニ短調 作品47


休憩をはさんで、再び西本智実 & ラトビア国立交響楽団の演奏。
第1楽章&第4楽章は私にとっておなじみではありましたが、
もちろん生演奏で聞くのは初めてのことです。

が美しいですね~
管楽器の方は人数も少なく選りすぐりの感が
第一楽章始まりのあたりのチェロは、
ボウイングの練習にも良さそうな動きでした~

意外だったのは第二楽章。
面白い曲ですね~~
もう一度生演奏で聞いてみたいです。

第三楽章はとてもとても心地よくて・・・ゴメンナサイ

アンコールは
チャイコフスキー
バレエ音楽「くるみ割り人形」より「花のワルツ」
でした

指揮者の方って、弦(ヴァイオリン)が優しく奏でるところでは
オイリュトミーのLを振るんですね~

音楽の演奏をプロとしてなさる方々は
あんなにも魂を出し尽くすのですね。
私の一生分のエネルギーをいちどきに発憤されているようです。
帰る道々からため息ばかりが出ています

明日から私もがんばろうっと!!



2010.11.28 / Top↑
2010111014321132a.jpg

行きたいな~行けるかな~~
2010.11.21 / Top↑
2010発表会

感謝!感謝!でございます~っ!

聴いてくださったみなさま。
聴かせてくださったみなさま。
聴く「場」を提供してくださったみなさま。
「場」を創って下さったみなさま。
そして そして 発表する機会をつくって下さった先生

自分の演奏の結果については言及致しませんが
「客観性」という新しい境地に立って、あたりを見わたすことが出来ました~

まだまだ楽しめる素材は満載である!
という予感に充ち満ちた一日でありました

想うことは山ほどありますが、
なかなか筆舌に尽くしがたいものがあります・・・



ところで素晴らしい演奏だった
Joseph Bodin de Boismortier 「ソナタ ニ短調」は
"Sonata for 2 Bassoons"←pdfリンク でしょうか?
是非弾いてみたいです~

2010.11.21 / Top↑
e7acac14e59b9ee383aae382b9e38388e99fb3e6a5bde999a2e382bbe3839fe3838ae383bc-e8a681e9a0852.jpg


第14回リスト音楽院セミナー 講師による特別コンサート
ミクローシュ・ペレーニ チェロリサイタル


kitara小ホール
2011年2月17日(木)19:00開演
18:30開場

リスト音楽院の教授でもあり、世界を代表するチェリストの一人ペレーニ。
深遠な音楽世界を堪能できる無伴奏チェロ作品、
ともに音楽院の教授を務めるラントシュとの息のあった共演をお楽しみください。
リスト生誕200年にあわせ、チェロとピアノのために特別に編曲された作品も聴き逃せません。

出演 チェロ/ミクローシュ・ペレーニ
   ピアノ/イシュトヴァーン・ラントシュ

プログラム J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第3番 ハ長調 BWV1009
     ブリテン:無伴奏チェロ組曲 第1番 作品72
      J.S.バッハ:チェロ・ソナタ 第3番 ト長調 BWV1029
     リスト(ラントシュ編):メフィスト・ワルツ 第2番 他

料金 全席指定
   一般  4,000円
   大学生 1,000円
   小中高生 500円

「生」ペレーニさんの演奏を見たいですね~
2010.11.19 / Top↑
ついに・・・発表会前最終レッスン

今日はゲネプロですから~
のお声に身も凍り付きます

しかしは「先週一週間、風邪で練習が出来ませんでした!」という言い訳もバッチリ!!

それにしてもみなさん、ソロの曲はがちがっていましたね~
当日が楽しみです!

ママが弦を替えておられましたが、変化はいかがですか?
実はワタクシも今日、新しい弦を購入してしまいました・・・

「してしまった」というのは・・
購入しようと思っていたG&C弦のスピロコアが品切れ
G&C弦の在庫は「ラーセン・タングステン弦」

買いましたとも大人です・・
「これも何かの縁」と信じて~~~

A&D弦はスピロコアです。

「これでバッチリ!なのだ」
・・・の、はずです。

2010.11.16 / Top↑
TWITTERはやっていませんが、それに近いつぶやきです・・

自宅練習の時のこと。

(いちおう)音質や音量・音程に気をつけながらゆ~っくりと音階練習をして、
発表会の曲候補をあれこれと練習。

「ここ、何度やっても音がはずれる!!」というところを
若干ヒステリックになりながら繰り返し練習しますが
結局納得できずあきらめる。

時計を見ると始めてから45分経過。
(やっぱりウェルナーもやったほうがいいかな~)と、練習曲へ移行。

ウェルナーさんの壁に必死でしがみつき、左腕も右腕もガッチガチ
こころなしか息も上がる。
「いや~これはちょっと一息つかないと体こわすワ~」

・・・と、時計を見ると何故かまだ5分しか経っていない!!
「わたしゃてっきり15分は経ってると思ったよ~←まる子のつもり
挙げ句の果てには「時計の電池が切れた?」なんて呆けています

これを毎回繰り返していますっ!
毎回時計を見てビックリする私って、何??
2010.11.03 / Top↑
先週はてんてこ舞いで、ついついレッスンの記録をすっぽかしてしまいました~

LESSON 26 10/28

オールアンサンブル曲DAY!!


LESSON 27 11/1

まずは音階で濃~いレッスン
私への指導は、エンドピンが短すぎるということと(私もそんな気がしていました~
弓の持ち方でした!

それまでは指の第一関節に弓をのせて持っていたのですが(指が曲がっていた)、
第二関節あたりを弓の上の方にあてて(指はダラ~ンとのびている)、腕の重さを乗せて弾く
・・・と、突然に音が変わりました!!
深~い音が出るんですね

音階の練習はとても大事です。
 良い音で弾きましょう!


いままでも、音階の練習時は良い音を心がけているつもりではありましたが
心機一転!新たな気持ちで音階練習が出来そうで楽しみです♪

 ウェルナー練習曲

p.58 NO.12a
2小節ずつ3人でリレーをしながら弾きました~
つい、音階練習の時の弓の持ち方を忘れて妙に力が入ってしまいます~
あの弓の持ち方をキープして移弦が出来れば、くっきりとした音が出るのでしょうか・・・

6小節目、始めの8音スラーは4音ずつのスラーに区切って、弓を返してもいいそうです。
同様に7小節目の8音スラーも。
これでかなり弾きやすくなります!


 アンサンブル曲集

NO.9 Feslihe Hymne, Jean Sibelius
一音ずつゆっくりと、ハーモニーを合わせながら練習しました。
 さん。G durではF♯は低めにとってください
1音ずつゆっくりと弾いて、同じ音・オクターブの音・5度の音・3度の音という順番で音を合わせます。


NO.7 Death and the Maiden, Franz Schubert D 531

 1パートはもちろんずっと旋律ですが、
1~4小節目は3パートが、4~8小節は2パートが旋律に寄り添います。
29~32小節は2パートが旋律です。

  
 コピーのアンサンブル曲
 
リベルタンゴ
1パートのママ。
Aに入るところのH→Eのグリッサントの跳躍がかっこいいけど難しそうですね~

発表会はこの3曲という事になりそう。
前座とはいえ盛り上がりたいものです!
2010.11.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。