波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
トリプル晴れ!!

ちょっと早めに行き、先生の畑で農作業
の支柱が足りません~

 p.47 A dur音階*Fis moll音階
    Fis moll音階3小節目~4小節目
    D♯→E♯→F♯→G♯はなんとな~く弾いてはいますが、
    ポジションについて頭の中の整理がまだできていません

 p.48~49 Andante リベンジ!
    ・・・の意気込みだけはあったのですが撃沈
    鬼門5段目下パート  
    移弦と音程取りができません(・・って、なんにもできてないっ!)
    とにかくゆっくり練習するしかないのかな~~?

    先生もおっしゃっていましたが素敵な曲ですよね~
    いつの日か、ちゃんと唄いたいものです。

宿題は・・・

 p.48~49Andante もう一回、おかわり!

 そしていよいよ第四ポジションp.52 4段目まで。
  [Book ll]第二巻とあります。第一巻は嵐のように通り過ぎました~

 この次はアンサンブルをしましょう
  とおっしゃていましたが。時間があるといいですね~

前々回出た宿題。
ウェルナーNO.7.8.9の黒っぽい曲の練習はした方がいいのかな~?
    
スポンサーサイト
2010.05.31 / Top↑
先生、ママと待ち合わせて
2回目のS展示会へ行ってまいりました~

今回は、MY CELLOとの出会いに期待して
はてさて「2代目即決の女」はなるか?

「先生に見ていただく前に下見を~」と
少し早めに会場を訪れました。

会場には小学生の女の子3~4人とそのおかあさまとおぼしき方々。
会場中央でヴァイオリンを試奏している小学校高学年女子!!
これがうっとりするようないい音

またまた前回の展示会同様、場違いなところへ来てしまったと
ビビリ~な気分に・・

チェロを試奏されている方がお一人もいらっしゃらず
チェロの前をウロウロ。

まずはpriceをチェック!!
8台ほどある中で、予算以内は3台・・・
向かって左から右へとprice
お店の方に声を掛けて頂き、ちょろっと試奏を。

少しすると、SHINママご一家とママ親子がみえて
やっとひとごこち~

先生も見えて、さっそく弾き比べて下さいました。

お眼鏡にかなった(&予算に見合う)楽器は、スイスからきたHeer社のチェロ。
周りにいらしたみなさんもおっしゃるように「鳴りがいい!」
音色は「チェロらしい音」という感じでしょうか。

つぎにS社で作ったストラディ型のチェロも先生のお気に入り。
「ちょっと暗めの音ですが好きです。テナーの良い音です」
というご評価。
・・・が、20円の予算オーバー。

本体の大きさはHeer社のチェロの方が若干大きい。
「Heer社の方が弾きやすいと思います」という先生のご感想。

他の方の目(耳?)がある展示会会場では下手には試奏できず
冷静に判断できないので、お店にトッピして頂けないかを交渉。
「1台でしたら。」
ということで、Heer社のチェロをとっておいて下さることに。

もう1台のチェロの方は
駒などの装備をしていない未調整の同じタイプの楽器がお店にあるので、
こちらを試奏できる状態にして下さるとのこと。

後日お店で2台を弾き比べられることに・・


ところで、しばらくすると落ち着いた感じの男性がチェロの試奏を始められました。
男性的な良い音でお弾きになるな~~と横目で注目していました。

家に帰ってから「cello Heer社」でインターネット検索してみました。

日本語サイトでヒットしたのはS社のホームページと
48才からチェロを始めたという男性のホームページ。←リンクしてます

この方のHPにご自身とおぼしき写真が。
「・・・昨日、会場で試奏されていたかた?!」

どの記事も客観的かつ的確に書かれていて、
とても興味深いものでしたよ~
そうそう。この方もHeer社のチェロをお持ちなのです。


2010.05.31 / Top↑
昨日までのは一気にへ・・

ママとママもお休みで、私も

ママと新曲p.48~49 Andanteに挑みます!!

ママ 上のパート
   下のパート

ママ担当の上パートのご指導は・・・

 ゆっくりと歌いましょう!!
  いつでも自分が一番好きな音が出ているかどうか、よく聞きましょう。


担当の下のパートは、

 UP&DOWN のボウイングを工夫してみましょう!

下の画像の拡大画面

P48_convert_20100524192201_convert_20100524192633.jpg

かなり集中してさらえたと思いますが、P.48のみのレッスンでした~

そうそう。
発表会の日程のオファーがありましたヨ~ン
11月3日(祝)だそうです・・・
2010.05.24 / Top↑
2010.5.17プログラム

ポカポカ陽気の一日でした。

6時に仕事を終えて、一応着替えてあたふたとコンサート会場へ
会場前でさん親娘にお会いしました。

てっきりコンサートホールなのだと思っていましたら、
玄関を入ってすぐのホワイエのような吹き抜けが会場でした。

設営してあった観客用の椅子は100脚ほど。
お客様は9割方の入りで、ご年配の方が多かったような・・
主宰者の関係でしょうか。




さてさてプログラムは↑の通り。

印象に残ったのは*1.3.7*でしょうか。

*1 バッハと同じかそれよりも古い時代の楽曲。
   激しさの中にも背筋が伸びるような古典の香りがしました。

*3 スペインの複雑~なリズムとアラビア風の音階に
   ホコリっぽい南ヨーロッパを感じました~

*7 ?の「速く、情熱的に」では
   立ち上がらんばかりに熱の入ったチェロの演奏に、
   私も前のめりに聞き入ってしまいました。

アンコールでは、ピアソラの「リベルタンゴ」と
ゆっくりなタンゴ(とピアニストの方が曲紹介されました)を。

「リベルタンゴ」では演奏しながらもステップを踏む先生の足下に釘付け

ピアノのソロ曲も堪能させていただきました


2010.05.18 / Top↑
小雨に濡れた桜・桜・桜

青空をバックに見上げる桜もきれいですが、
しっとりと濡れそぼる濃い色、薄い色の桜も素敵です。

寝坊をした息子を地下鉄まで車で送った道々
雨のお花見をしてきました~~

さて、ボウイングの練習法は何かないか?とインターネットを検索していて
(検索ワードは、チェロ・ロングトーン・練習)
行き当たったサイト。
フランス在住34年のチェリストさんのサイトだそうです。

僕のチェロ基礎練習法 15分のチェロ座禅 



私の場合、メトロノームは44くらいで1音(全音符)8拍で弾いています。
C durのCから4ポジAまで上下。
G durのGから4ポジGまで上下。
D durのDから1ポジDまで上下。
全部弾くと15~6分くらいでした。

コツは

*途中で止まらない

*メトロノームの速度は絶対!


とのこと。

本当は両手・弓・音がどうなっているかを注意深く観察しながら
正しい姿勢で弾くのですが始めて2日目、まだまだ瞑想の域には達せず。

A弦の間はひたすら右腕の引きつりに耐えるのみです。

でもなんか気持ちいいです



2010.05.12 / Top↑
前回のレッスンで思い出したことがあります・・・

ひどいお天気の中、先生のお宅へ無事に着いて「さて、レッスン開始!」と身構えると

 音階は自宅で弾いてきましたか?

とのひと言。

・・・弾いていませ~ん

以前、9時レッスンスタートの時は
本当にとる物もとりあえず駆けつけるので精いっぱいでしたが、
10時スタートになった今は
音階くらいは弾いてから、レッスンに挑んだ方がよいのでしょうかね~??
2010.05.10 / Top↑
まだまだウェルナーp.41~p.43も練習せねば!と思いながらも
新しもの好きの性格上、ついつい新曲へ食指が伸びてしまいます・・

p.47~51 と新曲を弾き散らかしてどれも中途半端。
最後までは弾けません。
半音がやたら多い上にボウイングが難しい。小節を微妙にまたぐのです~~

「こんな感じの曲」という感触もつかめず、
ストレスがたまる一方の練習です。

そんな練習の最後に
Dotzauer-exercises for violoncellobook I.pdf1番を弾きます!

それまでの油こってり、複雑な練習(私にとって、です)の〆は
生わさびのすり下ろしに岩のり&白ごまで、
さっぱりとお茶漬けサラサラ的なこのドッツァーNO.1を!



2010.05.03 / Top↑
やっとホッと出来る気候になりました~~
昨日連休前の勤務を終えて、今朝はの~んびり。

以前駒の交換で書いた、工房の方おすすめの弦「スピロコア」
実は前回のレッスンの前日に4弦とも替えました。

たまたまE○M楽器本店の方へ行く機会があったので
ママのヤーガーA弦もいっしょに買った方が??」と思ったのですが
のない私。ご用聞きもままならず、お役に立てませんでした。
4割引くらいで購入できましたよ~

この「スピロコア」
袋から出すときから違いました!

弦が柔らかい!!

以前A弦をヤーガーに替えたこともあるのですが、
あきらかにスピロコアの方が柔らかったですね~。

「どの弦から替えたらいいか?」
ちょっとは考えましたが、とりあえずA→C弦と替えました。
A弦とC弦は中央の弦の下になっているので替えづらいですね。
いちおう、魂柱が倒れてしまわないように1本ずつ替えましたよ~

さてさて音色は・・・?

キラキラ 音量もUP!

同じ楽器とは思われないほど変わりました!

チェロの小物。いじり始めるとやめられなくなりそうです


2010.05.02 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。