波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
標高200mの我が家。今朝は雪!?
えっと~今週末から5月でしたよね~~

委員長ことママが委員会でご欠席
ご苦労様です~
ママもお休みで、さ・び・し・・

Aliさんがレッスン後に残って下さり、
にゃんママ&のアンサンブルに加わって下さいました

さてさて今日のレッスンは・・

 G dur音階
  G弦のGからA弦の4ポジGまで、2オクターブの上(30音)を一弓!!で
  という、新たな課題が・・・
  左手はなんとか動く(音程は置いといて)のですが、
  いかんせんボウイングが未熟で音が出ません!!


今日はウェルナーの日

 p.41 Allegretto いきなりインテンポで!!
  D部分はなにがなんだか
  それでも、アップボウで16分音符6音をしっかりと弾けることは今後必要なはず。
  何とかしたいものです。

  D部分について

   16分音符の始め1.2音が早すぎるので、最後まで音が出ませんね。
   付点四分音符のDは弓速(?)速く。そのあとの16分音符は落ち着いて。

   16分音符アップボウは各小節ごとに移弦の仕方が違います。
   今、どの弦を弾いているのかを意識して弾くこと。
   ゆっくり、良い音で確実に弾く練習をしましょう。

   拡張の練習法 
   ex.D弦で*E(1)→F♯(3)→G(4)→E(1)拡張→F♯(2)→G♯(4)
         E(1)→F(2)→G(4)→E♭(1)拡張→F(2)→G(4)


   ラジャー

  p.42 上パート 下パート
   p.43 上パート 下パート

   ブラヴォー!発表会しましょう~!
   というお言葉をいただいたのですが、我ら二人ともまだまだ消化不良でございまする・・・

次回は5月の後半、ということもあり
またまた宿題は山盛りでございます

宿題

音階・・今日やったG dur音階。アップボウでの30音も!

ウェルナー教則本

ちょっと信じられないのですが、p.41~p.43はレッスン修了だそうです

新曲p.47 A dur音階*Fis moll音階
       NO.7 Allegro・・ボウイングに注意!

新曲p.48~49 Andante 上パート・下パート
     1と4ポジで弾いてみましょう!

新曲p.50 Allegro moderato

新曲p.51 Allegro moderato 時間があったら~~
スポンサーサイト
2010.04.28 / Top↑
仕事先では「むっちゃん」と呼ばれています・・・
そんな日々の一コマを。


薄ら寒かった昨日のこと。
ちょっと襟ぐりが大きくあいたTシャツを着てしまったので、
長~いスカーフを3重くらいにグルグル巻きにして行きました。

それを見て小2女子が
「どうしたの?」と聞いてきました。

どうしたの、とはどういうことか?と思いながらも
「寒いからね~」と答えました。

するとその子の一言。
「ネギ、入ってる?」

いや~度肝を抜かれました

聞いてみると、その子が風邪をひいてノドが痛かったとき
お母さんがノドにネギを巻いてくれて「臭かった!」とのこと。

うちの子が小さいときも子どもにネギのお手当をしていましたが、
今現在でもそんなお手当をしているお母さんがいることを知って
と~っても嬉しくなってしまいました

いつの日かこの子がお母さんになって
自分の子どもが風邪をひいて苦しんでいるのを見たとき、
きっとこの「臭かった」強烈な記憶がよみがえり
「ネギのお手当」をしてあげることでしょう。

そんな風に各家庭ごとのお手当が受け継がれていくといいですね~

みなさんのご家庭では体調を崩したとき、どんなお手当をしていましたか~?


2010.04.23 / Top↑
にゃんママ。物件探し本当にお疲れ様でした~!!
そしてお引っ越し決定おめでとうございます

にじの子さんがご近所になってとっても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いしますね。

にじの子さんのHP・ちいさな人の日のお知らせはこちら!(リンク)
2010.04.16 / Top↑
一月以上ごぶさたしていたレッスン。
楽しみにしていたはずがはまさかの風邪
ママは体調不良で残念ながらお休み。

ぼーっとして始まった音階。
いきなり意味不明にD dur音階を始めてしまいました~
コラコラしっかりしろ!
風邪でジーンとしびれている鼻と脳みそ。
どれだけ先生のお言葉を聞き取れたでしょうか

というわけで、きょうのレッスンは・・・
 各弦、1ポジションと4ポジションで1オクターブを弾く。
  自分が注意されたことしか覚えていなくてゴメンナサイ
 1ポジ。左手肘が下がっています。肘をもう少しあげて、手首が曲がらないように。
  親指に力が入っています。親指の位置をもう少しC弦の方まで(私がC弦の音階だったので)
  4ポジ。2の指の時、次の4の指に備えて肘を少し前に出す。
  そうすると1→2→4→4(フラジオ)の動きがスムーズになります。


ウェルナー教則本

P.41 Allegretto ~[B]の前まで

 CとG弦は拡張ですが、D・A弦は普通通りです。
  それが理解できると、そんなに難しくありません。
  拡張の時もそうでないときも1の指の位置は同じです。

  4小節目の第2音は、楽譜では4の指になっていますが、3で弾くこともできます。
  


P.42 Moderato ~上のパート* 下のパート*
 下のパートはやはり1&4ポジションで弾くようです・・・

 3列目3小節目から下のパートがメロディーになります。
 分かっちゃいるんですけど豊かな音が出ません
 気持ち的には(日本語、変?)盛り上がってはいるのですが
 4ポジのGでは豊かな音を出せるボウイングのテクニックが身に付いていないのです・・・
 3列目5小節目のGの音がディミヌエンドになっていますが、
  クレッシェンドで弾きましょう!

  
  1にボウイング。2にボウイングですね・・。
  結局音を出しているのは右手の弓。
  ボウイングの良い練習法はないでしょうか。
  「サラサーテ」の次号はボウイング特集だった気がします。


アンサンブル本

 NO.3 Trunpet Tune
 1パートのさんと2パートのさん。
  12小節目から、音程だけではなく音の長さなども揃えて弾く練習をしてください。


 NO.7 Death and the Maiden「死と乙女」より
  アリsyaさんが2パートを担当してくださいました
   30小節目からは2パートが旋律なのでしっかり弾いてください。

  そうだったんですね・・・知りませんでした。

宿題は。

音階練習
  各弦、1ポジションと4ポジションで1オクターブを弾く。
  5分でいいので毎日練習しましょう。

ウェルナー教則本

P.41 Allegretto [B]~最後まで

P.42 Moderato ~上のパート*
          下のパート*(こちらもやってみるとおっしゃっていたような・・)

新曲P.43 Allegro ~上下パートを練習。
         ~上のパート


アンサンブル本

 NO.3 Trunpet Tune

 NO.7 Death and the Maiden「死と乙女」より
  ↑WIKIPEDIAの音源へリンクしています♪
2010.04.12 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。