波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ネット上(YOUTUBE)でバッハの無伴奏チェロをいろ~んなひとで
聞き比べてみるのもおもしろいですよ。

以下、パブロ・カザルス/ミッシャ・マイスキー/ロストロポービッチ/ジャクリーヌ・デュ・プレ/ヨー・ヨー・マです。






ロストロポービッチの演奏(←リンク)







それぞれの演奏に「超速!」やら「COOL!」「役者!」などと
形容詞をつけてあげたいくらい個性的です。
ちなみに私が好きな演奏はロストロポービッチでした
スポンサーサイト
2009.12.30 / Top↑
北海道の一部にて新型チェロ熱 感染拡大か!?

です~さあ大変!
2009年も押し迫ってきましたが、感染拡大の予感が

当方は明日勉強会での発表があるために
残念ながらチェロに浸りきれないのですが、
まわりの方(旧さん、改め「たけのこさん」)の熱に気もそぞろ。

ただいま弓ケースの制作を企画しております~
夫の学校にキャンバスの巻き芯(紙筒)が捨ててあるというので、
それを活用できないかを検討しております。

試作が進んだら写真をアップしますね~

たけのこさん!進捗状況をお知らせ下さいね♪
ところでどなたにチェロを習うんですか?
旭川で?

たけのこさんも加えて新生「クインテット・ビギナッチ」になるか!
2009.12.25 / Top↑
まずはおしいただいてから 練習

ブラジルの工房制作「BERNARD」嬢。

私をの世界へお導き下さい。
どうぞこれからよろしくお願いします
2009.12.18 / Top↑
いや~企画をしておきながら時間に余裕のないをお許し下さい!

しかし、あのステキなロケーションを提供していただいた屋さんに感謝!!
わたくしは、も~ いっつでも屋自主練です。

C dur和音のカノンにも皆さんおつきあいいただきありがとうございました

みんなでもっともっと遊ぼうね!!
2009.12.14 / Top↑
お気に入りにさせてください

ブログ「善福寺手帳」さん*チェロ川柳←リンクしてます
ブログ「熟年の手習い」*川柳←リンクしてます


ビギナッチも川柳ネタには不足しないと思います~!!
2009.12.11 / Top↑
いや~~お疲れ様でした!!

えへへっ。さっきまで小一時間、弓の試奏をしてました~
ますます迷います~~


さて、今日のレッスンを振り返ると・・・

いつも「むずかしい」と感じているC dur音階。

 今日は「進歩したな~」と感慨にふけりながら弾き終わったら
 みなさん、朝なのでむずかしかったですね~
 という穏やかなダメ出しにちょっとガックリ
 でもビギナッチのみんなもそう感じていたと後で聞いておもしろかった!

音階を細かく上下する練習
 ママのリクエスト*「ド~レ・レ、ミ~ファ・ファからやってくれればね~」
 たしかに・・弓のアップ&ダウンは考え始めるとたいへん!
 体で覚えるしかないか・・エアチェロ練習もできるでしょうか?

C dur Chord &バッハもどきのカノン
 ビギナッチのみなさん!!
 これはリベンジしたくありませんか?

 C dur Chordは3度と5度しかないわけで、絶対美しく響くしかないはず。
 14日の自主練でぜひ!!
 バッハもどきのカノンでは何がなんだかわからなくなっていました
 先生、どんどんテンポアップなさるし・・・

黒い曲に入ったところで次の生徒さんが来られて、
 さらりと2回弾いて終わりました。
 それでも2回目は私にとっては未体験の速さでした。
 にゃんママ。あれってAllegro moderatoのテンポなんですかね~
 ところどころ離脱しながら、全力疾走致しました。

1月のレッスンまで、てんこ盛りの宿題が出ましたね~
楽譜を見たらAllegretto(p.31)なんていう曲もあったりして。

また来週月曜に!!
2009.12.09 / Top↑
ママ・にゃんママ ありがと~!!

やっぱ、アンサンブルですな~
音楽のミソは

大幅に予定時間をオーバーしていましたけれど
本音では一日やっていたいくらいでした。

DAIママ。おつきあい頂きありがとうございました
そして学校をお休みしていてさびしかったTAIKIくん、ごめんね。

にゃんママのおっしゃるとおり、
アンダンテの曲を何回もアンサンブルで練習すると
音程が正確になるような気がします

「モノ」をつくる世界に身を置いていた私にとって
「時間を共有できる」ことは本当に特別です!

「みなさんの時間をいただいている」という貴重な体験をしました。
また是非!!

2009.12.07 / Top↑
昔話大学で大変お世話になっている小澤俊夫先生※が
署名活動をされていることを昨日知りました!

そしてその締切はなんと明日8日!!
(以下の文では15日になっていますが、早まったそうです)

しか~し、その後も署名活動を続けるとのことなので
ブログに載せますね。

===以下よびかけ文です===

政府の行政刷新会議主催の事業仕分けで、「子どもゆめ基金」の廃止が決まりました。
まだ政府の決定ではありませんが、近く正式決定されるでしよう。
激しい怒りを感じますが、あの「子どもゆめ基金」は役人の天下り先で、
配分額より人件費が多いし、配分が誰によってきめられるのか全く不透明でした。
だからあの「子どもゆめ基金」が廃止されるのはむしろいいことかもしれません。

しかし、子どもの文化をめぐる多様な活動を活発化させることは、
日本という国の将来を左右する重大な事業です。
コンクリートから人へ、と主張する新政府をやっと作った私たちなのだから、
2010年度本予算で、ゆめのように消える基金でなく、
しっかりした「子ども文化に関する基金」を創設することを要望しようではありませんか。

本予算編成は年内におこなわれるので大至急署名を集めなければなりません。
政府への要望書と署名用紙を送るのでなるべくたくさんの署名を集めて
小澤昔ばなし研究所あてに郵送してください。

締め切りを12月15日水曜日とします。本予算編成に間に合わせるためです。
至急動きだしてください。
署名の提出先は、行政刷新会議議長鳩山由紀夫氏とします。
お忙しいと思いますが、子どもは何も言えないのだから、
私たちおとなが大声で言わなければならないと思うのです。
力を合わせやりましょう。
子どもに関する活動をしているあらゆる分野の人に署名してもらってください。

2009年11月15日 小澤俊夫


--------------------------------
小澤昔ばなし研究所
〒214-0014 川崎市多摩区登戸3460-1-704
TEL&FAX 044-931-2050


要望書のファイルが添付されているのはこのサイトさんです(クリックするとリンク)
自分のブログには添付できませんでした

※小澤俊夫先生(私の乏しい知識で紹介します)
 小澤征爾のお兄さん・小沢健二(オザケン)のお父さんです。
 グリムや日本の昔話研究で知られ、保育関係者の絶大な支持をうけています。
 子ども達の権利(文化・戦争に巻き込まれない、等)を守るため
 活発に運動をされています。


みなさま!どうぞご協力下さい!!
 
2009.12.07 / Top↑
day_cello_enlarge.jpg

チェロの日←チェロ協会の記事にリンク
楽しそうですね~!!!
札幌でもやろっか?
2009.12.05 / Top↑
今日たまたまマルヤマクラス(2F)に行ってビックリ!
元祖さんMATTさんが会場のお当番でいらっしゃいました~

円山在住のイラストレーターの作品を展示&販売。
         「冬の贈り物」展   12月6日(日)まで

20091125_01.jpg

なぜか今日一日で3つの記事を書いている私。
ヒマなのか・・・

2009.12.03 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。