波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
�P���E�q��i�y�jです~

はや、Lessonも5回目!
先生のご自宅での初レッスンとなりました。

C Dur音階も佳境か!
8分音符:一弓8音に挑戦しましたヨ。
音階も意外と奥深いですね(先生が素敵な旋律をつけてくださるからですけど

C Dur音階の細かい上がり下りを
「ターン・タン・タン」の変則的な弓の動きで演奏する曲は気を抜けません。

C Durの分散和音もちょろっと。

P.25 6/8拍子の曲とその下の曲 
下パートを弾きましたが緊張です!・・・先生との距離が近いし~~
前回も弾いたはずなのですがさらにあがってしまいハチャメチャ
ま~そのうち先生との距離感にも慣れるかなっ

場所が以前より狭くなったせいか
自分の音がよく(悪く)聞こえて、とても気になりました。
いままで音が狂っていても平気で弾いていたんだな~と
かえって感心してしまいます。

P.27の上の曲
スラーがないのでメロディーのつながり感を出すのが難しい気がしますが
「歌って」いますよね~

そして残念ながら今回は先生の珠玉のお言葉を受け取れませんでした
クワトロ・ビギナッチのみなさん!お力を



今回の宿題は・・・

P.26下2段の音階の上下

P.27三度の音程

P.28左上の「黒い」曲 
この曲だけ練習してください

  右手首の練習 1と3(←MY LOVE



Lesson終了後、�P���E�q��i�y�j以外(�P���E�q��i�y�jは娘と出かける予定があったので)のお三人で
お茶をされて大いに盛り上がったとか

どのような話題で盛り上がったのでしょう?
大いに気になるところです
教えてね~
スポンサーサイト
2009.11.30 / Top↑
です。

以前使っていたドリコムブログが閉鎖になるため(閲覧はできます)
こちらF2さんにお引っ越ししました

お引っ越しには時間もかかり、ドキドキだったのですが
どうもコメントは引っ越してきていないようです~

いままでコメントして下さった皆様
申し訳ありません

今後ともよろしくお願いします
2009.11.27 / Top↑
ママにお越しいただき、
我が家の2階特設ビニールハウスにて
合同練習をしました~
いつもレッスンの後にと思っていることを
チェロをいじりながら皆さんと共有したいと思っていたのですが、
念願が叶いました

先生の音も、他の方の音も聞こえず
ビギナッチ2人のみの音で奏でる2重奏

音のハズレはご愛嬌、とういことで
完全にビギナッチのみで創り出したハーモニーに感動しました!!

ママのNEW弓をお借りしたり、
逆に楽器の方を弾かせていただいたりと
いろいろ貴重な体験もさせていただきました~

ママ~おつきあいいただきありがとうございました!
これに懲りずまた是非!!
他のビギナッチの皆さんも良かったらおつきあい下さいませ~

なにはともあれ
はしごの上り下り
ママもチェロさんも無事でホッとしております。
2009.11.26 / Top↑
20日(金)

行ってきました

ひとりで!




どこへ?




駅前にオープンした島○楽器店クラシック店!
しかし、弦楽器はヴァイオリンしか置いていませんでした~残念!
あの弓さまと比較できる弓がないかと、
期待して行ったのですが。

このまま帰るのも残念なので、
先日先生が行かれた井○楽器店へ行ってみました~

場所はすぐにわかったのですが、
駐車場に車を置いてお店の前に立ってみるとシャッターが降りているではありませんかぁ!
あせってあたりを見回してみると右手に階段があります。

だめもとでそこを上がってみると・・お店の入り口がありました~よかった
しかし1Fは無人・・
2Fへ行ってみると弦楽器のフロアでした。

店員の方に弓の相談をしますと、とてもていねいにいろいろと教えて下さり、
10本ほどの弓を試奏させていただきました

恐る恐る試奏するビギナッチの右前方1.5mに
にこやかに立っていらっしゃる店員さん・・緊張です
むこうでは後ろ手に窓の方を見ていらっしゃるお店の年配の男性。
弦の移動など、自分が苦手な事を試してみたかったのですが
とんでもない音が出てしまうので開放弦でがまんしました。

5万円台の中国製の弓(ママのとおなじでしょうか?)から
「これはご予算とは別に弾いてみては?」といわれた80万(!)台の弓まで。
これはさすがに良すぎましたよ~~っ。忘れられなくなりそうです

今のところ強い弓を希望しているのですが、
この中国製の弓も良かったし、9万円台のチェコ製のも良かったです。

お店の方がぜひいろいろ弾いてみて欲しいということで、
東京から予算内の弓を何本か送ってもらうように手配して下さいました。
お~!後には退けんぞ!!

カーボン製の弓もあると噂に聞いていたので
そのあとヤ○ハにも行ってみました

こちらには試奏室があったのでガンガン弾かせてもらいました。
5万円台と9万円台。
お高い方は確かにしっかりしていました。
でも試奏室のせいか、楽器のせいか。はたまたカーボンのせいか?
とてもいやなビビリ音のようなものがときどき鳴ります。

弓については先生にもご相談したいのですが
なかなか時間がありませんよね~
2009.11.22 / Top↑
今回はビギナッチとしては初めての会場です。
開始時間の確認が出来ていなかったようで
9時に来て下さっていたYaママ。申し訳ありませんでした

にゃんママが先生の新居へじゅうたんを運んでから来て下さいました~
ありがとうございます!

C Dur音階、23ページ(日本語訳本)の曲。
音階を弾くビギナッチに先生が旋律をつけてくださいます。

そしてまたまた「P.24&P.25の曲」です~~

P.25 一番上の曲&その下の6/8拍子の曲
下パートをにゃんママ�P���E�q��i�y�jとが挑戦いたしました
特に6/8拍子の曲を弾き終わったときは、本当に息も絶え絶え
弓が足りなくなると自分まで息苦しくなってしまうんですよね~不思議
「運転して帰れるか?」と心配になりました~

開放弦を弾くときにもひじが上がりっぱなしのビギナッチ

弓の根元(?)で弾くときはひじを下げましょう。
 みなさんが弾く「音」が一番の先生です。
 いい音で弾いているときはとてもラクで楽しいです


というひと言に納得!!
確かに練習しているとき、
楽譜を読むことに意識が向いているととてもたどたどしくなってしまうのですが、
あるフレーズを暗譜して、そこを弾くときには「音」に意識を向けていると
弓を動かす右手がとてもラクになる気がしていました

そして、アップ&ダウンボウの時に手首が若干左右に揺れるような動きになることを
先生が弓の先端を押さえて下さった状態で弾いてみるとよ~く実感できました!
実際にはあれほど弓に抵抗はありませんが、
手首の力を抜けばあの先生の美しく柔らかい手首の動きに近づけるのかっ!
先生の無伴奏チェロコンサートの時に凝視したあの光景が蘇ります~

ここでインターミッション

先生のまねっこコーナー
アップ&ダウンボウを織り交ぜたリズムと音階の聴き取りです。
練習してきたものを弾くのとは違った緊張感があって楽しかった~
先生のとは全然合っていなかったんですけどね・・


今回の宿題は・・・
P.26 12列目のスラー&スタッカートのC Dur音階
 P.27 下から2列目 C Dur和音

 そして曲。
 再びP.24 ~P.25の曲。下段の旋律もできたら。
 P.27の上の曲。上と下、両方練習しましょう~

 1曲だけでも良い音で弾けたらOKです!


それにしても何故かレッスンの時はきりたんぽがあまり育たないのですよ~
部屋の温度か湿度が問題なのでしょうか?

先生が帰りを急いでいらっしゃる様子だったので、また次回の確認ができませんでした。

11月30日(月)9時から*先生宅にて

持ち物*チェロ・譜面台(・イス)


で大丈夫でしょうかね?
たしか先生が「早い時間の方が都合がよい」とおっしゃっていた気がするのですが。

う~ん。迷わず行けるかな?
2009.11.16 / Top↑
�P���E�q��i�y�jです~

明日はレッスン

今回の会場には譜面台がありません~
うちに2台あるので先生の分は大丈夫かな。
皆さん、お持ち下さいね~

【明日の荷物】チェロ+譜面台=よたよた歩き

我が姿が目に浮かびます・・・
2009.11.15 / Top↑
やはり・・・

わたくしの苦手な雰囲気・・・
いわゆる「敷居の高い雰囲気」なのでした~

ローティーンの男の子がすんばらしい演奏をされています・・

名器らしき(?)楽器が鎮座ましましております・・

そんな中、とても楽しそうにさまざまなチェロを演奏なさる先生♪
中でもストラディバリを何度も熱演されていました~

            <        
    
しばらくすると試演される方も増え、
「これならいけるかも」
�P���E�q��i�y�jは楽器に手を出したのでした~エヘヘ

ストラディバリと社長お手製のチェロを除くと
試演できるチェロは6台。

プライスレス(店員さんのお話だと500万以上とか)の1台を除いて
全部弾かせていただきましたっ!!
ふぅ~

こうなると先生の演奏もそっちのけ
「あ~でもない。こ~でもない」
とビギナッチはかしましい。

そして

良い弓があったのです・・・

ママ、にゃんママ、Yaママ
みなさん「良い」との評価。
Yaさんは「弦に吸い付くよう」と表現されていました。
確かに!!

"To be or not to be・・"の心持ちなのです

>                    


その後ニ○リにて先生の新居のカーペット選び。
一気に日常の気分に。

ウール100?。ベージュの6帖を選ばれました。
在庫が確認できないため、にゃんママに後日お店から連絡が行くことになりました。

お引っ越しに間に合うといいですね~
2009.11.08 / Top↑
Yaママも復帰なさって無事!クワトロに~

開放弦を弾くビギナッチに先生が下の旋律をつけてくださる練習曲につづいて、
C Dur音階と23ページ(日本語訳本)の曲。
音階を弾くビギナッチに先生がまたまた旋律をつけてくださいます。

そして「P.24の曲」です~~

ビギナッチ揃って上のパートを弾いた後、
予測的中!
ビギナッチのアンサンブルと相成りました~
4拍子の曲の下パートをにゃんママと�P���E�q��i�y�jが!!
き・・緊張です

先生も必死のビギナッチの様子を見かねたのか、
みなさん、たまに笑って下さい~
とのひと言にちょっと空気がゆるみます~~


ここでインターミッション

開放弦でダウンボウ&アップボウを腕の力を抜き、良い音で長く弾く練習
長く音を弾くことで、弓をコントロール出来るようになるのだそうです。

もう少しゆっくりしましょうという指導を受けるにゃんママ。
対照的にもう少し早くといわれる�P���E�q��i�y�j
気質が出てしまいますね。�P���E�q��i�y�jはいつまでも味わっていたいのでした・・



曲の練習に復帰!
3拍子の曲ではどうしても3拍子目のアップボウで焦ってしまい
スカの音になってしまいます。
粘液質の私は3拍子と相性悪いかも

さらに�P���E�q��i�y�jさん。3拍子の曲の下をお願いします~」
との要請もありましたが、先生!練習していません。無理です!

それにしても「キ キッ~!」やら「ブ~ ブカブ~」など、
ひとりごとの多い我がチェロさん。
彼女(?)も気持ちよく歌いたいだろうに・・・
申し訳ないです

今回の宿題は・・・

開放弦でダウンボウ&アップボウを腕の力を抜き良い音で長く弾く練習です。
 上手になると1分くらいできるようになるとか・・

 C Dur音階と、
 P.26の1段目(これもC Dur音階にリズムをつけたもの)で音階の練習。

 そして曲。
 P.24 ~P.25の曲もやってみてください。下段の旋律もできますよ。


Yaママはなんと初見で今日の曲は弾いていらしたそうです。
す・・すごい

そしてママはおニューのMY弓だったとか。
道理でチェロが良く鳴っていると思いました。ホント!
2009.11.05 / Top↑
 11月15日は女の神ごとの日

11月15日は「女天下の日」。
この日は男性が台所に入って炊事をし、女性は上座に座ってゆっくりします。
この日は「油祝い」といって油気のものを食べる習慣があり、
主に野菜のたくさん入ったけんちん汁を作ります。
大鍋に大量に作ったけんちん汁を囲炉裏にかけ、
「霜先の薬喰い」(しもさきのくすりぐい?)といいながら熱々を食べます。
この実だくさんのけんちん汁は、秋を通して収穫などで重労働が続き、
弱った肉体に栄養補給をして新たな生命力を補給すると同時に、
寒さが本格化する前に滋養をつけておくという暮らしの知恵から生まれた行事食です。




というわけでけんちん汁(レシピ)を食べる習慣があるのだそうです。
なんだか良さ気な行事ではありませんか~~
初めて知りました
今年は忘れずに作ってみよう~
2009.11.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。