波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
チェロビギナーマダム集団(長い!!)の
隠れリーダーキラキラママが発熱を~~風邪
あと3日で治癒されることをお祈りしております!力こぶ

それにしてもインフルエンザ病院で小学校が大変なことになっております。
みなさん重症にならず、無事治ってね~~
スポンサーサイト
2009.09.28 / Top↑
チェロさんが帰ってきました!
工房の方には
「ねじれを治して、駒の高さを削ったけど
 駒の材が弱っているのでそんなに持たないと思いますよ。」
と言われました。

駒の持ちより、私の忍耐力と熱意の持続が問題かも。

そして、新しい馬の毛になったんですよね~弓が。
試しにロジン(松ヤニ)をまったくつけずに弾いてみます。

・・・・・当然、無音です~

なにかの本(かHP)に、
「毛替えをしたらとにかくしつこくロジンをつける」
と書いてあったので、
弾く前には2~3回往復する程度なのを
30回くらい往復してこすりつけてみる。

毛がフワッフワなのもあって、すべって塗りにくいです~汗

おそるおそる弦をこするが・・・つるりんこです~

ムキになって、10cmごとにロジンの角を使ってこすりつけること15分くらい。

それでもまだ毛の面を持ち手側から見ると、
白くロジンがついたところに混じって
半透明で馬の毛のままのところがまだらにあります。

そこをめがけてまたもやゴシゴシ。

さ~て!と弾いてみると  鳴りました!深~い音が!

やったね♪と思い、落ち着いてチェロを構えて弾いてみると・・・

弓が当たったところの弦が白く太~くなっています。
まるできりたんぽのように・・

そしてチェロの表板のうえには
「雪が降る~あなたはこない~」(アダモ
の状態で、おびただしいロジンの雪が降り積もってしまいました困った

やりすぎなんですね~~
毛についたロジンを拭くことはできなさそうなので、
あとは弾きながら落としていくしかないようですハート割れ
2009.09.19 / Top↑
一夜目の華やいだ緊張感とはひと味違った
静かな期待にさざめく会場。

先生もやわらかな表情で登場されました。

軽やかなNO.3を楽しそうに演奏されたあとには
今までなかった譜面台が登場し、NO.5を前にちょっとした緊張感が・・

第一音目から引き込まれてしまいました~~!!
しっかりくっきりとかたまりで感じられる先生の想いが、
会場を満たしていました。

無伴奏チェロというと重厚な重音が印象的だと思いますが、
私にとっては
ほとんど単音でたゆたうNO.5のサラバンドが圧巻でした~

キラキラママが
「座禅をしているときのような」と表現されていましたが、
実際あちらの世界に旅立たれていた方も多く見受けられました笑顔

障子ごしの光が入る和室の中で立ちのぼる
ひとすじの線香のけむりをぼんやりと眺めているような、
「日常の中にある彼岸」を思い起こしました。

そして高音が多用されているNO.6をも軽やかに楽しげに演奏されて
コンサートが終了しました。

アンコールでは
「では、また始めから」とユーモアあふれるひと言を添えて
NO.1を熱く演奏して下さいました~!

ん~~おなかいっぱいですごはん

2009.09.18 / Top↑
グループレッスンを受ける予定の4人組(チーム名が必要か?)+せっちゃん
+プラスお子様たち7名の一行で先生のコンサートを聴きました~ハート

音符     音符     音符     音符     音符
     
ステージ上にはピアノ用の椅子がひとつ。
スポットライトに照らされています。

はじめてお目にかかる先生への期待が高まります。

黒のドレスで先生の登場!
写真で見たとおり、お美しい~

拍手のあと、NO.1,NO.2と続けての演奏。
NO.2では熱を感じました。

これから自分がこの楽器を習うと思うからか、
「音」に集中して鑑賞するというよりも
ついつい先生の演奏する「姿&手の動き」に注視してしまいます~汗

弓を持つ右手の異常なほどリラックスした動きと
忙しく、そして力強く動きまくる左手のコントラストがすごい。
変な表現ですが、左手は「全身でホントによく運動してる。」という感じなのです。

後ろの席に座っていた猫にゃんさんに
カエルさんの食い入るような視線がすごかった!!」
とあとで言われてしまいました。

休憩をはさんでのNO.4では先生もだいぶリラックスされてきたようで
体の動きもたおやかに演奏されました。

そして、お子様たちご一行は熟睡されていました~笑顔

音符     音符     音符     音符     音符


演奏終了後、楽屋へご挨拶に行ったときの先生はステージ上とは全く違い
「かわいらしい」と言ってもいいほどやわらかな笑顔で、
レッスンが楽しみになりました!!
2009.09.16 / Top↑
弦を替えて下さったレンタル屋さんが
「駒が高いね~3mmくらい。」とおっしゃっていました。
「それに駒がねじれているね」とも。

駒については夫からも
「こんなに弦と指板が離れていたら弾きにくそう。
 駒もネック側に倒れてるんじゃない?」
と指摘されていたところです。

技術的にはまだまだ駒の近くを押さえることはないとはいえ
弦の高さは気になります。

でも・・・レンタル屋さんに持って行くのは
チェロの持ち主の方に悪いような・・・
それに弓の毛替えはそこではできないようだし・・・(モジモジ)

ということでキラキラママが教えて下さった
旭ヶ丘のヴァイオリン工房にお願いしようかな~と、キラキラママに連絡メールしたら
速攻!キラキラママも同行していただいて
今日の午後、無事ヴァイオリン工房に預けてきました~拍手



マンションの一室で、父息子お二人で営んでおられる工房でした。
お部屋の中には静謐(せいひつ)といえるような穏やかな空気が~ハート

息子さんの方がチェロを見て下さったのですが、
「ネックが下がっているから、背の低い駒じゃないとだめかも。
 でも背が低いのは値段が高いのしかないんだよね~」
とおっしゃいました。
(高い・・って。駒って一体いくら~?)
と急に不安になります。
2.3千円値段が上がるのを「高い」とはいわんだろ~!

ドキドキしながら「おいくらくらいですか?」とうかがうと、
「値段が高い方は2万くらいかな」とロケット
安い方で1万だそうですダッシュ

私の心拍数が上がった表情に気づいて下さったのか
「この子(チェロ)なら、
 今ついてる駒を、何とかねじれを直してつけるのでもいいかもね。
 それなら2~3千円くらいだよ」
電球ナイスな提案をしてくださいました。
もちろん諸手をあげて了解まる

「弓の毛替えも5千円台と7千円台があるけど…(私の顔を見て)
 5千円でいいよね?」と察していただきましたラブ

今ごろチェロさんは工房でゆっくりとお休みしていることでしょう。
安住の地を見つけて家


それにしても、今回のチェロ騒動(?)に関しては
まるで大きな岩が転がり落ちるように(Rolling stone?)
ものごとが進んでいくようです。

この歳になると、
願いを実現させるのには年単位で考えるということに慣れきっていました。

それが思い立ってからたった3ヶ月で実現してしまうと
正直、気持ちがちょっと遅れ気味です走る

なにか大きな渦に巻き込まれているような、
自分の力が及ばない流れ大波に身を任せている気分です。
2009.09.11 / Top↑
お借りしているチェロは、
30年ちかく前に学生オケで使われていたというチェロですハート

寒い西校舎。
灯油ストーブのすぐ横でオケの練習をされたそうで、
ニスに若干溶けているところが・・

それでもちゃんと鳴ってくれていますびっくりびっくり

けれども久々に使わせていただくからには、
お返しするときのことも考えると
楽器をなるべく良い状態にしたいもの。

ということで、レンタル屋さんがvc_crown.jpg
「弦も安く替えてあげるよ~」(この弦でした→)
と以前おっしゃってくれていたので、
行ってきました・・・

前に書いたとおり
と~っても気さくな方なんですが、
楽器の扱いがビックリするほどラフで汗
心の中で「待った!」を叫ぶこと数回笑顔

帰ってから夫に
「今日、弦を替えてもらっている様子を見ていたら
 自分でなんでもできそうな気になったよ~」
と言ったら、
「細かいことを気にしない方だから
 楽器のレンタルを続けられるんじゃない~?」と。

確かにね~~~~

細かいキズ一つ一つを気にするような人じゃ
レンタル業はできませんなっ!
2009.09.11 / Top↑
先生のコンサートに先立ち、
5.6日と先生の講座が大学にてありました。

残念ながら仕事等が重なり、両日とも参加できなかったのですが
猫にゃんさんが先生と日程の調整をしてきて下さいました!

・・・ということでいよいよ
音量10月初旬に初レッスンが決まりました!クラッカー

そのうえお仲間がもう一人ハート
クローバーYaママです~
お嬢さんが既に先生のレッスンを受けていらっしゃるので
チョー初心者初心者の私にとって心強い先達です!!

チェロの音が体に共振すると、本当に気持ちがいいんです~~~温泉
便秘気味の時は下腹にあてるといいかもびっくり

先日のチェロレンタル店の店主さんがおっしゃっていましたが、
肩をこわすチェリストもいらっしゃるとか。

音楽性の向上はどの程度まで到達できるか分かりませんが
体に優しいチェロの演奏を目指そうと思います!(キッパリ!)笑い
勝手に宣言していいんでしょうか・・・
そんな余裕を口にしていられるのも今の内だ、と天の声がしますが・・困った
2009.09.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。