波瀾万丈の予感! 大人になってからチェロを始めるにあたって雑多なドキドキと レッスンの覚え書きなどをしております。最近は「猪突猛進記」とでもタイトルを書き換えた方がよいのでは?と思っております。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 あけましておめでとうございます 

本年もどうぞよろしくお願いいたします
穏やかに明けた2012年。
1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。



昨年末。図書館に予約して半年あまりの2冊がついに手元に来ました。

「無伴奏チェロ組曲を求めて」と「マルタアルゲリッチ 子供と魔法」

「無伴奏チェロ組曲を求めて」は各章に「第一組曲~第六組曲」の名が冠されており、
それぞれ「プレリュード」「アルマンド」はバッハについて。
「クーラント」「サラバンド」「メヌエット(等)」はパブロカザルスについて。
そして「ジーグ」では著者エリック・シブリンの無伴奏チェロ組曲研究の取り組み
(バッハ自筆の楽譜は見つかるのか?!)
及び現代の演奏について記述されています。

清く正しいイメージの大バッハさまにも地位にしがみつく面があったり、
政治的な意思表明を演奏拒否の形で示していたカザルスの自己矛盾に対する折り合いの付け方etc.
「人間味」にも迫った著書でした。

「マルタアルゲリッチ 子供と魔法」はまさに「人間そのもの」の本。
訳者のあとがきより
「ピアノを学んだことのある人なら,優れた演奏家にはたいてい情熱的な母親、そして十代前半でつく厳しい師匠の存在が欠かせないことを「自分の経験」としてこの本から読みとり、身につまされること必至であろう。」

独占欲の強い母との葛藤、目まぐるしい男性音楽家たちとの恋愛と別れなどの
ややもすればスキャンダラスな出来事の中でも、
「自分はアマチュアの音楽家である」という彼女のゆるぎないピュアな核心が潔いと感じられました。

いずれも手元に置いておきたい本なのですが、なにせお高い¥¥¥¥¥
2冊で7千円弱~です・・・

そして最後は
「小澤征爾さんと、音楽について話をする」小澤征爾・村上春樹 著
こちらはポケットマネーでなんとか買えました(笑)

世界のOZAWA vs 世界のMURAKAMI
多忙もあってか本人には意識化されていなかったマエストロ小澤の音楽観を
文章の達人 村上春樹氏が分かりやすく解きほぐしている、という感じでした。
音楽マニアの村上氏からポンポンと飛び出すオケの楽曲や指揮者、ピアニスト、録音など
私には縁遠く、You Tubeと首っ引きでなんとか話についていく始末です。
けれども後半、村上氏が
マエストロ小澤がスイスの村で主催する若者のための
弦楽四重奏のワークショップを見学する場面は俄然様子が手に取るようで、
未熟ながらアンサンブルを弾く機会のあるものにとって示唆に富むものでした。

村上氏が小澤氏に
「弦楽四重奏に限らず、ピアノトリオなどはやらないのですか?」と聞いたら、
小澤氏が「それだとソリスト3人になっちゃって、アンサンブルの極意は学べない」
みたいなことをおっしゃっていて興味深かったです。
直前に読んでいたマルタの本に
「ヴァイオリニストの伴奏はイヤ。
 一度なんかヴァイオリニストに『右手を弾くのはだから』なんて言われた」
という記述を読んでいたからです♪
合奏に於けるピアノの立ち位置って難しいですね~
そうそう、私が大好きなブラームスの弦楽六重奏はやりたいとおっしゃっていました♪

・・・と、現実逃避で活字の世界に浸っていましたが今年の初レッスンはあさって!
早朝に初練習しましたが「これで先生のレッスンを受けてはもったいない」状態であります・・・

生涯の目標ではありますが、根本の今年の目標
「良いチェロの音を出す」
「他の人の音をよく聞く」

もうちょっと身近な目標は
「良いビブラートを身につける」
かな~・・・えへへ、言っちゃった!!



スポンサーサイト
2012.01.03 / Top↑
続きの悲しい連休です~
皆さん、いかがお過ごしですか?
私は今朝早く、芸森の「メアリー・ブレア展」へ行ってまいりました
う~んラブリー
グッズには大いに期待していったのですが、どれも私にはお高くて
さらに「絶対欲しい!」と思った「紫の聖母子の絵」グッズが無くてガッカリ
画集でガマン、ガマン。

ところで・・・

道新の本紹介で、藤原真理さんがおススメされていました!
↓  ↓  ↓ 
「無伴奏チェロ組曲」を求めて
    ─ バッハ、カザルス、そして現代 

             エリック シブリン (著), 武藤 剛史 (翻訳)


早速明日、○ーチャン4に行って実物を見てみよう!
2011.07.17 / Top↑


サクサクと楽しく(?)読ませていただきました~
いままでこの作品についてのキャッチコピーを見て
「怖いもの見たさ」的ダークな妄想があまりにも頭の中に膨れ上がっていました。
実際読んでみると、犯罪をめぐる当事者たちが
自己の正当化という脳内バイアスを通して「告白」するときは
こんなんだろうな~と妙に納得してしまいました(汗)

作者が、少年犯罪について想うところを
芥川龍之介の「薮の中」の手法で描いたのですね。
その着眼点にです。
「薮の中」を「羅生門」で映画化した黒澤明は、
複数の人間を通して「目撃」された殺人事件を
それぞれの目撃証言として
(なんと霊媒師を通して「殺された」男の証言まで!!)
忠実に繰り返し映し出していますが、
この「告白」の映画化ではどのようにしているのか。
気になります。

映画は、今年の「日本アカデミー賞」で優秀作品賞を受賞したとか。
他多数を受賞した「悪人」といい、殺人をめぐる著作が注目されているのかな?


殺人をめぐる小説として私の中の一等賞は、
ベタですが…↓です




2011.02.25 / Top↑
以前からママがお薦めしてくださっていた本。
「CELLO LOVE ニューヨーク・チェロ修行」
やっと読みました



先生のレッスンスピードに内心「え~っ!!」と思いながらも
「やるっきゃない!」と挑むあたり、
私にも心当たりが・・・

その他、楽器購入にあたってのあれこれなど、
とても身近に感じられました~~

お次は作者に見習って「イタリア合宿」でしょうか!?



もう一冊は推理ものなんです。
「大いなる聴衆」永井するみ 著



天才ピアニストを巡る推理小説なんですが、
舞台はなんと「キタラ」と「ロンドン」!
そう、中島公園のあの「キタラ」です~~♪

お話しの鍵になるのは
 Beethoven
  Sonata in B-flat major, Op.106,Hammerklavier




作者の永井するみさんは、残念ながらこの9月に49才という若さで
お亡くなりになりになってしまったようですが、
東京芸大を中退されてから北大農学部を卒業されたという経歴の方です。

それだけに音楽に関する詳細な部分は
ご経験を元に書かれているところも多数あるのではないかと思われます。

さらに地元民としてはキタラ内部や周辺の描写には親近感を持ちますし、
このベートーヴェンのソナタを熟知していれば、さらに話にのめり込めるかも。
にゃんママ、いかがでしょう~?


追加です~
他のピアニストによる演奏です。


2010.09.24 / Top↑
早く先生帰ってこないかな~~
練習もマンネリ化してきて、できないことを毎回再確認している状態です

すっかり忘れていたのですが、以前こんな本を買っていました!  ↓↓↓
                            
CLOSE TO YOU ~遙かなる影~を弾いて楽しんでいます~
伴奏のCD(電子音ですが)を聞きながら
弾けている気分を味わっています

リベルタンゴも入ってるよ~にゃんママ!

ところで明日から早くも新年度。
今年は仕事先の勤務形態が変わり、4月は人手が足りずバタバタしている様子。

私も4月だけ勤務先が違って、週4~5日の勤務です。
今までの倍以上なんで、勤まるかどうか心配・・
気合い入れないと~!!

あっ。チェロのレッスン日は大丈夫です!
2010.03.31 / Top↑
高校の音楽科に通う主人公・津島サトルと個性豊かな仲間たち。
彼らが過ごす音楽漬けの日々に、青春時代のきらめきと切なさを色濃く映し出した、
本格青春小説三部作。











こんな本↓もありますが・・・

こちらもおもしろそう~
2010.01.27 / Top↑
新しいチェロ奏法―身体に優しいチェロ演奏のために
中央図書館で借りてきました。
サラサーテの「脱力の極意」に触発されて読んでみました~

大人になってから楽器を始める人たち全部にお薦めしたい本です。
自分の体に気づくために。

いろんな動き
例えばまず、立つ!
立った状態で頷くように頭を下げる・斜めに傾ける・胴体をひねる・・etc.
それぞれのポジションで深呼吸をしてみて
楽に深呼吸できるのは?苦しくなるのは?と
自分の体の状態を確認・実感するというもの。

上のような実験を
座る
チェロを持つ
弓を持つ
弓を動かす
左手の弦の押さえ方
(実はこの本では弦は押さえないのです!!驚異~!)
などなどで体験を重ねます。

実験の後の方、2分の一は
難しいパッセージのため試せませんが
原理はわかる気がします(?)

著者の勧めるチェロの構え方&左手の押さえ方は
実験はしてみても身に付くかどうかはわかりませんが、
やってみる価値はあると思います。

圧巻は座り方かな~

いろんな入門書を見てみても
これほど体の仕組みと関連づけて詳しく書かれている物は無かった。

座り方だけでもオススメです!!

・・・が、残念ながら絶版~

そこで「復刊ドットコム」HPに新規の投票ページを作りました~
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
復刊ドットコム投票ページ

復刊ドットコムにログインしないと投票できないようですが
ぜひ、ご協力くださいませ
2010.01.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。